さよならフットボール第8話、ネタバレと感想!(最終話)

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    スポンサードリンク

    この記事では「四月は君の嘘」の著者、新川直司先生が著者のマンガ「さよならフットボール第8話」のネタバレと感想記事をご紹介します。

    さよならフットボール第8話のネタバレ(最終話)

    新人戦一回戦。
    藤第一 対 江上西。
    江上西が一点リードで、後半の残り時間わずか。

    希は痛めた足でボールを蹴り続けた。
    足が痛くてもパスなら、一瞬痛みに耐えれば、出来なくもない。
    右サイドの希から逆サイドのかおるへクロス。
    かおるのヘディングはまたしてもキーパーのセーブに阻まれた。

    残り時間は約5分。
    時間がない。

    流れはまだ藤第一にある。
    江上西は藤第一のパスワークについて来れていない。
    江上西は攻撃は捨てて、守備だけに徹する。

    希が右サイドでボールを持つと、3人がかりでつぶしにくる。
    足が痛い中、希は3人のディフェンダーをかわす。

    希の3人抜き

    観客も希のフットボールにみとれた。
    今度はナメックとの1対1。
    ナメックはイエローカードを1枚もらっているため、激しくあたることが出来ない。
    パスでくるか?ドリブルか?それとも中に斬りこむか?

    ナメックをぬく希

    希はナメックをかわし、中にクロスをあげる。
    しかし、ディフェンダーに切られてしまい、ボールがこぼれる。
    こぼれたボールに希とナメックが同時に追いつく。
    スピードではナメックの方が上だ。
    ナメックは「とれる」と思った。
    しかし、

    ルーレット

    希がルーレットで、ナメックをかわす。
    右サイドからクロスを上げて、かおるがヘディング。
    今度はキーパーに阻まれずに、ゴールネットをゆらした。

    ようやくかおるがシュートを決める

    誰もがゴールだと思った。
    しかし、審判のホイッスルがなった。
    オフェンスファール。
    ゴールは無効だった。

    希の足はもう限界だった。
    足を引きずりながら、ベンチに戻る希。

    自分のせいで1点失い、取り返すことが出来なかった。
    何も出来なかった自分が悔しかった。
    しかし、ギャラリーからは大きな拍手が起こった。

    盛り上がるギャラリー

    みんな希の華麗なるフットボールに感動した。
    試合はそのまま0対1で終了。

    足を引きずりながら、ナメックのところに歩み寄る希。

    希:びっくりしちゃった。すごく上手になってるから。

    (すごい努力したんだろうな。あの泣き虫がサッカー選手になってら…
    もうナメックなんて呼べないね。)

    希:また一緒にサッカーやろうね。安昭(やすあき)君。

    また一緒にサッカーやろうね。やすあき君

    スポンサードリンク

    さよならフットボール第8話の感想

    さよならフットボールはこの8話で完結です。
    いかがでしたか?
    私の記事を見ていただくと分かると思いますが、私はサッカーのことがよく分かりません。
    観るとしてもワールドカップの時くらいです。
    ルールもたいして知らないそんな私でも、「さよならフットボール」は読んでいてとても楽しめる内容でした。

    君嘘でもそうだったのですが、新川直司先生の作品は読んでいて鳥肌が立つような感動するシーンが多いです。
    そして、そのシーンは初めて読んだ時よりも、2回3回と繰り返し読んだ時の方が、感動が大きくなるのがまた不思議です。
    新川直司先生の作品にはそういった魅力があります。

    さよならフットボールはこれで完結ですが、実は新川直司先生の新作で「さよなら私のクラマー」が連載をスタートさせており、
    実はこれは女子サッカーを題材にしたストーリーなのです。

    そして、なんと「さよなら私のクラマー」には希が登場します!!!
    さよならフットボールを読んだ人は是非、さよなら私のクラマーも読んでみてください!
    単行本の1巻は8月17日に発売されます!

    前の記事はこちら
    さよならフットボール第7話、ネタバレと感想!

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ