さよならフットボール第7話、ネタバレと感想!

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    スポンサードリンク

    この記事では「四月は君の嘘」の著者、新川直司先生が著者のマンガ「さよならフットボール第7話」のネタバレと感想記事をご紹介します。

    さよならフットボール第7話のネタバレ

    新人戦一回戦。
    藤第一 対 江上西。
    後半戦。

    希のパスワークが機能しはじめる。
    チーム全体もパス主体の本来のプレイスタイルを取り戻し、藤第一ペース。
    藤第一は乗りに乗っている希にパスを集める。

    この試合、はじめて希がドリブルでナメックを抜く。

    ナメックをぬく希

    希からサイドにいるかおるへ。
    かおるからもう一度、希へボールを戻す。

    完全にフリー。
    誰もが決められると思った。
    しかし…

    ファールで希を止めるナメック

    ナメックがファール覚悟でシュートを打たせなかった。
    ナメックはイエローカード。
    ファールがなければ完全に1点だった。

    藤第一のフリーキック。
    希が立ち上がろうとするが、右足に激痛が走る。
    ファールされた時に、足をやっていた。

    足を傷めた希

    フリーキックは江上西の高さではばまれる。
    ボールを希がキープしようとしたが、右足に激痛が走り、思うようにあやつれない。
    もたついている間に、相手にボールを奪われてしまう。
    しかし、テツがカバーしてボールをすぐに奪い返す。

    希にボールが回ってくるが、右足は使えない。
    こうなったら左足を使おうとするが、右足を軸足にしたほうが痛い。
    またしても相手にボールを奪われる。

    テツとかおるが希の方へ行く。
    希が足を痛めていることに気が付いていた。
    テツはもう外に出ろと言う。
    しかし、希は言うことを聞かない。

    希:1968年ワールドカップ、メキシコ大会準決勝。対イタリア戦。西ドイツのベッケンバウアーは、試合中に肩を脱臼してもなお、ピッチに残り味方を鼓舞し続け闘いぬいた。ベッケンバウアーにできて、私に出来ないってことはないわ!

    ベッケンバウアーにできて私に出来ないってことはないわ

    監督が「何か合ったのか?」とテツに聞くが、テツは「何でもないっす」と応えた。
    希はテツにありがとうと言った。

    テツはこの試合、希と心中するつもりのようだ。
    でも、それが楽しかった。

    希と心中するテツ

    スポンサードリンク

    さよならフットボール第7話の感想

    せっかく自分のプレーができ始めた矢先にケガをしてしまった希。
    これからだと言うのに、残念でなりません。

    ピッチに立ち続けることを選択した希ですが、
    やはり足の痛みから自分のプレーをすることが出来なくなっていました。

    試合の残り時間はわずか。
    足も痛くて思うようにプレーができない。
    希ひきいる藤第一中は追いつくことが出来たのでしょうか。

    次でいよいよ試合に決着が付きます。
    そして、次が「さよならフットボール」の最終話です。

    次の記事はこちら
    さよならフットボール第8話、ネタバレと感想!(最終話)

    前の記事はこちら
    さよならフットボール第6話、ネタバレと感想!

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ