さよならフットボール第6話、ネタバレと感想!

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    スポンサードリンク

    この記事では「四月は君の嘘」の著者、新川直司先生が著者のマンガ「さよならフットボール第6話」のネタバレと感想記事をご紹介します。

    さよならフットボール第6話のネタバレ

    新人戦一回戦。
    藤第一 対 江上西。
    後半戦、ナメックのヘディングシュートで江上西が1点先制。

    希はナメックと空中戦で競り合った時に、地面に後頭部を打って、気絶をする。
    希は夢の中で子供の頃を思い出していた。

    希がサッカーを始めた理由。
    それは、公園を専有している男子たちから、公園を取り戻すためだった。
    希がサッカーで勝ったら、男子たちから公園を返してもらう約束だった。

    希は一人で男子たちに対抗して負けた。
    男子たちは体当たりばかりして、希からボールを奪った。

    希はそんなゴリゴリしたサッカーが、楽しくともなんともなかった…

     

    「恩田ー」という声で、希が目を覚ます。
    ひとまず無事のようで、みんなホッとした。

    希は思い出した。
    ゴリゴリしたサッカーは嫌いだ。

    「近代サッカーはフィジカルだ。女のお前がフィジカルで劣るのは仕方ないだろ」

    ナメックにそう言われて、ムキになっていた。
    フィジカルにとらわれていたのは私だ。

    小さな手、私だけが大きくならない。
    小さな手でも勝てる方法を考えるんだ。

    どうする?
    どうする?
    どうする?

    どうする?

    さぁ、サッカーを楽しもう!

    希はテツからもらったパスをかおるにスルー。
    かおるからパスを戻してもらって、シュートするも惜しくもクロスバー。

    希のシュートは惜しくもクロスバー

    ボールはまだ生きている。
    かおるは味方からもらったパスを今度は、ノールックでかおるへパス。

    完全フリーなかおるがシュートを打つも、またしてもクロスバー。

    かおるのシュートはクロスバー

    跳ね返ったボールをテツが叩く。
    シュートはキーパーのセーブに阻まれた。

    得点は入らなかったが、希のパスが藤第一に良い流れを生み出している。
    徐々に藤第一らしいサッカーになってきた。

    スポンサードリンク

    さよならフットボール第6話の感想

    勝負にばかりこだわって、希は真正面からナメックと渡り合おうとしていたのですが、
    自分の持ち味はパスだということを思い出してから、次第にいい流れになってきました。

    藤第一のシュートはクロスバーに嫌われたものの、この流れを保ち続けられれば得点するのは時間の問題です。
    次回の7話では、希がゴール前で決定的な瞬間をむかえますが、ナメックがそれを阻止しようとします。

    ナメックはイエローカードをもらいますが、
    監督が恐れていた事がおきます。

    次の記事はこちら
    さよならフットボール第7話、ネタバレと感想!

    前の記事はこちら
    さよならフットボール第5話、ネタバレと感想!

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ