さよならフットボール第5話、ネタバレと感想!

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    スポンサードリンク

    この記事では「四月は君の嘘」の著者、新川直司先生が著者のマンガ「さよならフットボール第5話」のネタバレと感想記事をご紹介します。

    さよならフットボール第5話のネタバレ

    希は弟の純平になりすまして、後半から試合に出ていた。
    藤第一のスローイン。

    希がスローして、すぐに味方からボールをもらう。
    ナメックとの勝負。

    希VSナメック

    エラシコ(フェイント)でナメックをかわして、一気に攻める。
    しかし、後ろからナメックに体を入れられてボールを奪われてしまう。

    ナメックはたしかにうまくなっている。
    しかし、それよりも何よりも体が強い。

    監督と佐和も気が付き始める。
    あの恩田は…

    恩田(姉)だ。汗

    監督はすぐに控えの選手にアップをさせる。
    佐和は、希は紅白戦でも男子と対等にやっていたため、行けるのではないかと思ったが、
    監督はそうではないと言う。
    紅白戦と試合では違う。
    希は手加減されていたのだと…

    寄せてくるスピード、
    コンタクトの強さ、
    迫るプレッシャー、
    紅白戦と試合では何もかもが違う。

    監督の言うとおり、希はナメックにボールを取られ続ける。
    当たり負けする。

    ナメックは希に、「ケガする前に外でなよ。男と女ではフィジカルが違うんだ。仕方ないだろう」と言うが、それが余計に希の闘志に火を付けた。

    希は右サイドから上がる。
    ナメックがマークにつく。

    希がナメックをかわす。
    しかし…

    かわしたと思ったがしかし

    希はあの頃から何も変わっていない。
    でもナメックは変わりたかった。
    転校ばかりでイジメられていたナメックを守ったのは希だった。

    サッカーを教えてくれたのも希だった。
    あの頃はずっと希の後ろを追いかけていた。

    転校した後も、いつも自然とポニーテールに目が行った。
    元気にしているかな…
    今もボールを追いかけているのかな…

    元気にしてるかな、今でもボール追いかけてるかな

    街で久しぶりに再会した時、5年ぶりだけどすぐに分かった。
    ちっとも変わっていない。
    親分だ。

    何か言わなきゃ…
    いきなりなので、心の準備が出来ていない。
    あれ?
    親分の名前って何だっけ?
    そうだ。確か…

    恩田希

    技術はまだまだだけど、体を張れるディフェンダーになったよ。
    少しは上達したんだよ。
    転校しても親分の様に練習は欠かさなかった。

    俺は…
    恩田希が作り上げたフットボーラーなんだ

    恩田希が作り上げたフットボーラーなんだ

    だから、誰にも負けない。

    スポンサードリンク

    さよならフットボール第5話の感想

    勝てると思っていた希でしたが、体を使ってくるナメックに全くかないません。
    テクニックは希の方が上です。
    しかし、抜いたと思っても体を入れられたら、ナメックに圧倒的に分がありました。

    そして、ナメックのシュートが決められ、藤第一は1点奪われてしまいます。
    流れも江上西にあり、藤第一は圧倒的不利な状況で残りの後半戦を戦うことになります。

    ですが、希が頭を打ったことをきっかけに、ようやく希らしいサッカーを取り戻し始めます。
    「サッカーはフィジカルじゃない」

    フィジカルでくる相手に希がどんなサッカーをするのかに注目してください。

    次の記事はこちら
    さよならフットボール第6話、ネタバレと感想!

    前の記事はこちら
    さよならフットボール第4話、ネタバレと感想!

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ