さよならフットボール第3話、ネタバレと感想!

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    スポンサードリンク

    この記事では「四月は君の嘘」の著者、新川直司先生が著者のマンガ「さよならフットボール第3話」のネタバレと感想記事をご紹介します。

    さよならフットボール第3話のネタバレ

    新人戦まであと4日。
    練習で紅白戦が行われる。
    希(のぞみ)にとっては、監督にアピールするラストチャンスだ。

    紅白戦はレギュラー組とサブ組に別れて対戦する。
    希はサブ組。

    (レギュラー組を叩いて、ポジションを奪ってやる。そして新人戦に出るんだ)

    レギュラー組を叩いて

    レギュラー組は練習通りパスをつないでくるはず。
    希の作戦は、不用意に飛び込まないで、まず縦の動きを切る。
    そして、横パスを引き出しそれをカットする作戦だ。

    作戦通り、希がテツの横パスをカットし前線へ速攻。
    前線ですぐにボールを取られてしまうが、すぐにプレスし、ボールを奪い返す。

    希がサイドへパスをだし、サイドからセンターリング。
    希のヘディングは届かない…
    と思ったが、希はおとりで後ろの味方が決めてゴールを奪う。

    希の後ろにいた味方がゴールを決める

    サブ組だが、レギュラー組に引けをとらない。
    監督も希の実力は認めていた。
    だからこそこう思わない日はない。
    「恩田が男だったら」と。

     

    帰り道。
    希は今日の紅白戦、手応えがあった。

    手応えあり

    希はどうしてもナメックとケリがつけたい。
    公園では小さい子供がボールで遊んでいる。

    ボールで遊ぶ子どもたち

    希の目に、子供たちの遊んでいる姿が昔の自分と重なる。

    重なる

    (もし、ナメックが引っ越ししなくて、もし同じ学校に進学していたら、今も仲良くしていたのかな…昔みたいに一緒にサッカーしてたのかな…)

    子供たちが遊んでいるボールが希の頭にあたる。
    希は噴水に落っこちて、ずぶ濡れになった。
    ずぶ濡れになった勢いでそのまま子どもたちと遊ぶ。

    噴水で子どもたちと遊ぶ希

    ずぶ濡れになって子供たちと遊ぶ希の姿に、テツとかおるはみとれていた。

     

    新人戦の登録メンバー発表の日。
    監督が一人づつ登録メンバーの名前を呼び、ユニフォームを手渡す。

    山田、
    竹井、
    岸、
    本村、
    保、

    新人戦の登録メンバー発表、希の名前は呼ばれなかった

    希の名前は呼ばれなかった。

    さよならフットボール第3話の感想

    スポンサードリンク

    いよいよ次回の4話からは新人戦1回戦が始まります。
    必死で練習し、アピールしましたが、希の名前は呼ばれませんでした。
    鮫島監督も希の実力は認めていました。
    でも希の名前は呼ばれませんでした。
    女子だからという理由だけで…

    でもそれだけで引き下がる希じゃあありません。
    4話から始まる江上西戦ではものすごい手を使ってきます。笑
    破天荒です。笑
    宮園かをりよりも破天荒です。

    次の記事はこちら
    さよならフットボール第4話、ネタバレと感想!

    前の記事はこちら
    さよならフットボール第2話、ネタバレと感想!

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ