【渡亮太】四月は君の嘘の登場人物、キャラクター紹介

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    スポンサードリンク

    ここでは四月は君の嘘の登場人物「渡亮太(わたりりょうた)」を紹介します。

    渡 引用元:ciatr.jp

    渡亮太の基本プロフィール

    渡亮太。
    公生、椿と幼なじみの中学3年生。
    サッカー部の部長。
    女の子から人気があり、渡も女の子のことが好きでチャラチャラした性格です。
    公生とは真逆の性格ですが、幼なじみでよく一緒に遊んでいたということもあり、今でも仲良くしています。

    チャラチャラしていますが、意外と男気のあるところもあり、最後の夏の大会で負けた時は、みんなをなぐさめた後、一人でトイレで泣いていました。

    渡の名言に注目!

    スポンサードリンク

    渡はチャラチャラしているのに、時折、心にささる名言を言ってくれます。
    映画やアニメでも名言は健在なので、渡の心にささる名言に注目してください。
    ここではいくつか渡の名言を紹介します。

    スーパースターに挫折はつきものさ。逆境でこそそいつが本物かどうかわかる。だってよ、星は夜輝くんだぜ。

    公生がピアノでスランプの時に言った一言です。
    とてもチャラい渡の口からでた言葉とは思えません。笑

    無理かどうかは 女の子が教えてくれるさ

    公生がかをりのことで落ち込んでいる時にいったセリフです。

    実写映画の渡役は中川大志

    渡役中川大志さん 引用元:twitter.com

    実写映画では渡役を中川大志さんが演じてくれます。
    イケメンなところが渡にピッタリですね。
    あと渡のチャラい感じも出ています。

    映画では中川大志さんが、渡の名言をどんなふうに言ってくれるか注目です!

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ