四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第39話

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    四月は君の嘘ネタバレ第39話

    冬休みがあけて、1月。
    椿は志望校のランクを上げたにも関わらず、全国模試の結果がB判定だった。
    公生に自慢してやろうと音楽室に行ったが、公生は音楽室にいなかった。

     

    公生はかをりのお見舞いをしに、病院に来ていた。
    病院の玄関で渡とはち合わせる。

    公生は渡を見た瞬間、くるんと180度向きを変え、帰ろうとする。
    それを渡が無理矢理引き戻して、病室へと連れて行く。
    公生は、渡とかをりの2人の時間をジャマしたくなかった。

    かをりは元気だった。
    公生はかをりと渡が楽しそうに話しをするのを、黙って見つめていた。

    渡とかをりの様子を見つめる公生

     

    かをりの事を考えると、渡の事を考える。
    そして、僕は落ち込んでしまう。

    友達を好きな女の子。
    僕は盗撮魔で、代役で、荷物持ちで、
    ピアニストで、伴奏者で…

     

    僕は渡じゃない。

    僕は渡じゃない

     

    学校からの帰り道。
    公生は椿と一緒に、かをりのお見舞いをしに行こうとした。

    病院に近づいたところで、渡が病院の中に入っていく姿が見えた。
    公生は椿に、今日は雨が振りそうだから帰ろう、と行って病院には行かなかった。

    帰り道に雨が降ってきたので、駄菓子屋の商店で雨宿りをする。
    椿はハンカチで雨をぬぐった。

    公生が椿のハンカチを見て、「可愛いハンカチ使ってるね。椿は女の子みたいだ」と言った。
    椿は「うそつき」と思った。
    私のことを女の子として、見たことないくせに。

    椿:渡がいたから、かをちゃんのとこ行くの嫌だったんでしょ。公生はかをちゃんと渡が笑っている姿を見るのが辛いんだ。だから避けてる。

    椿:公生はかをちゃんのことが好きなんだよ。

     

    雨宿りの公生

    椿:ばっかじゃないの!!かをちゃんは渡の事が好きなんだよ。女の子関係で渡が相手なら勝ち目なんかないんだよ。

    椿は「うそつき」と思った。
    斉藤先輩と別れてなぐめてくれたときに、側にいるって言ったくせに…
    私のことをの女の子だなんて思ったことないくせに…

    椿:あんたは私と恋するしかないの

    私と恋するしかないの

    椿は公生の足を思い切り蹴っ飛ばして、走っていく。

    どうだ。ざまーみろ。思い知ったか。
    踏み出してやったぞ。
    女の子として意識させてやったぞ。

    私はいっぱい苦しんだ。あんたも苦しめ。
    苦しんで、苦しんで、私の事いっぱい考えろ。

    やっと始まったんだ。
    私の時間は動き出したばかりだ。

    四月は君の嘘感想第39話

    スポンサードリンク

    椿がついに大胆な行動に出ましたね。
    ずーっと幼なじみとしてしか見ていなかった公生の殻(から)を無理矢理やぶろうとした感じでしょうか。
    確かにいきなり好きと言われてしまったら、絶対に意識しちゃいますものね。

    椿は幼いころからずーっと公生の側にいました。
    だから、公生の気持ちもすぐ分かりました。

    公生がかをりと出会って、公生の人生が変わっていくのも、
    公生の世界が輝きだしたのも分かっていました。

    友人A

    だから、こそ悔しかったのだと思います。
    公生が好きなのが、ずっと一緒にいてなんでも分かっている自分じゃなく、かをりだったということが。

    公生は突然の椿の告白に驚きますが、そんなことに驚いていられないくらいの事態が起きます。

    次の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第40話

    ひとつ前の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第38話

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ