四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第37話

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    四月は君の嘘ネタバレ第37話

    公生は12月のコンクールに向けて練習を開始した。
    ピアノの上に携帯がある。
    その携帯から「あっズレた」と声がした。
    かをりに通話で練習の音を聴いてもらっていた。

    かをりは公生の練習にネチネチとケチをつけてきた。
    いつも通りの公生とかをりのやり取りだ。

     

    椿は受験勉強の真っ最中だった。
    志望校は公生の志望している高校の近くにした。
    志望校のレベルは上がったが、模試の判定ではB判定と調子が良かった。
    柏木は愛の力だと思った。

     

    公生はかをりの病院に来ている。
    練習の定期連絡という名目で、かをりに呼ばれていた。

    しかし、病院に行くとかをりはいなかった。
    どうしようかな~と公生が迷っていると、かをりの両親とはち合わせる。
    公生がかをりにお見舞いをしにきたことを伝えると、ある所へ連れて行ってくれた。

    それはリハビリ室だった。
    かをりはまた舞台でヴァイオリンを演奏するために、リハビリを開始した。

    かをりリハビリ

    かをりがリハビリを開始したのは、公生のおかげだった。
    公生とまた一緒に弾こうと約束をしたから、かをりはリハビリを開始した。
    可能性が低い危険な手術も受けることを決意した。
    公生の一生懸命な姿が、かをりの灰色だった心を色づけてくれた。

    かをりのお父さんとお母さんは公生に「ありがとう」と言った。

     

    公生は12月のコンクールに向けて、毎晩毎晩遅くまで練習をしていた。
    椿は公生の受験勉強のほうは大丈夫なのかなと気になった。
    しかし、公生にとっては練習こそが受験勉強だった。

    公生が受験する音楽系の高校では、なによりもコンクールでの実績が優先される。
    受験の前のコンクールでほぼ合否が決まっているようなものだった。

    公生にはブランクがあったため、その実績がほとんどない。
    そこで、高校に入学するには、12月に控える東日本コンクールで上位入賞する必要があった。

     

    12月24日。
    東日本ピアノコンクールの予選。
    公生は絵見と武士と再会する。

    最初の出番は武士だった。

    東日本コンクール武士の出番

    四月は君の嘘感想第37話

    スポンサードリンク

    かをりの止まっていた時間がまた動き出しました。
    1度、公生と伴奏が出来てそれで満足していたかをりでしたが、
    公生が「また一緒に弾こう」と言い、また生きる目的ができました。

    でも元はといえば、止まっていた公生の時間を、無理矢理動かしたのはかをりでしたね。
    この漫画を読んで、音楽とは本当に言葉以上の魅力があるのだなぁと思います。

    公生にはかをりとまた一緒に演奏をするという目的があります。
    しかし、そういったドラマを持ってこのコンクールに挑んでいるのは、公生だけではなく、武士もそうでした。

    武士は前回のコンクールで、公生がこれまでとは全く違った演奏をしたので、戸惑っていました。
    ずっと目標としていた有馬公生が、自分の理想とは違う形になっていたので、失望して調子を落としていました。
    でもそれは違うと気づいた時、武士のピアニストとしての世界が広がります。

    次の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第38話

    ひとつ前の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第36話

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ