四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第34話

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    四月は君の嘘ネタバレ第34話

    公生は凪(なぎ)にくる学祭の伴奏者にしてほしいとお願いしていた。
    くる学祭とは、凪が通っている学校の学園祭みたいなもので、凪が通っている学校は音楽で有名な学校だったため、色々な人たちが見に来る。
    凪は学校外からも注目されていたので、学園祭の目玉のような存在だった。
    公生はダメもとでお願いしたが、凪はあっさりとOKする。
    その日から、くる学祭に向けて二人のレッスンが始まった。

    凪はこれまで以上に音楽に向き合い、来る日も来る日も練習に明け暮れた。
    電車を待っているときも、レッスンからの帰りも楽譜を見て、音をイメージした。

    凪はまわりから期待されていた。
    先生からは今年の目玉だと言われた。
    学外からは有名な先生も見に来るらしい。その先生に認められれば、一生、音楽の世界で安泰だとも言われた。

    くる学祭まであと4日。
    曲をものにするまで、あと4日しかない。
    凪はプレッシャーに押しつぶされそうだった。

    凪の重圧

    凪はレッスン中に、急に涙がポロポロとこぼれてきて、トイレへ駆け込む。
    もう限界だった。

    紘子(ひろこ)さんは、トイレで泣く凪を見て、もっとケアするべきだと思った。
    紘子さんは少し凪と話しをする。
    舞台に立つのが怖いのは一生懸命な証拠だ。
    誰だって怖い。公生だって。

    悩んでわめいて苦しんでもがき続けて、その先に何もかもが報われる瞬間がある。
    たくさんの人に音楽が届いた時、音楽は言葉をこえる。

    紘子さんと話しをして、凪はちょっと元気を取り戻すことができた。

     

    くる学祭、当日。
    いよいよ凪と公生の出番だ。

    凪と公生が選んだ曲は
    「チャイコフスキー 眠りの森の美女 ”薔薇のアダージョ”と”ワルツ”」

    曲の入りは最高だ。

    公生はまだピアノの音が聴こえていた。
    しかし、一気に集中力を高め耳から聴こえる音を消す。
    その瞬間、音が変わる。

    音が変わる

    四月は君の嘘感想第34話

    スポンサードリンク

    公生がくる学祭に出たいと言ったのは、宮園かをりのせいでした。
    公生がお見舞いに行った時に、かをりは「死んじゃう私の事なんか、忘れちゃえばいいんだよ。リセットボタンを押すみたいにポチっと」と言いました。

    そんな生きることを諦めたかをりに一発ぶん殴ってやりたい。
    そんな思いで公生は、くる学祭に出ることを決めました。

    公生の演奏は、渡がかをりと携帯を通話状態にして、音を届けています。

    でも、音を届けたいのは公生だけじゃなく、凪もそうでした。
    凪も自分にとってのヒーローのお兄ちゃんに届けたい想い、届けたい音がありました。

    次の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第35話

    ひとつ前の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第33話

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ