四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第32話

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    四月は君の嘘ネタバレ第32話

    相変わらず公生は凪(なぎ)に、ネチネチと事細かく指導していた。
    凪はこれまでエリート扱いされてきたので、注意を受けることに慣れていなかった。
    ある日、とうとう凪がレッスン中に泣きながら逃げ出してしまう。

    凪は神社の階段で座っていた。
    公生はトロトロの石焼き芋を持って、凪に謝りに行った。
    凪は石焼き芋なんかに屈しないと意固地になったが、石焼き芋の美味しそうな匂いにあっさり屈した。

    凪は神社が好きだった。
    それは小さい頃、凪の好きな人によく神社で遊んでもらっていたから。
    その好きな人がピアノを始めたから、凪もピアノを始めた。

    でもその好きな人は今、苦しんでいた。真っ暗闇の中で。
    だから気づいて欲しかった。振り向いて欲しかった。
    「私がいる」って。

    凪は公生に「好きな人はいないんですか?」と聞いた。
    公生は「いないよ」と言ったが、いることがバレバレだった。

    公生の好きな人はジェットコースターみたいな人だった。
    泣いたり、笑ったり、公生は振り回されてばかり。
    その人がいるだけで、モノトーンだった世界が、カラフルになるようなとてもまぶしくて、とても強い人だ。

    とても強い人なんだ

    公生、渡、柏木、椿の4人でかをりのお見舞いに来ていた。
    そこで柏木が公生が中1の女の子にピアノを教えていることを話す。
    公生は凪の扱いがよく分からずに、柏木に女心を相談していた。

    そのことを聞いて、かをりが急に怒り出す。
    人に教えてる暇があるなら、練習しろと。
    公生もムキになって言い返す。レッスン中も家に帰ってからも練習はしていた。
    かをりはヒステリックになってさらに怒り出す。
    もっと練習しろといったその瞬間、なぜかかをりの目から涙が流れた。

    かをりの涙

    かをり:あはは、なんか変なスイッチ入っちゃった。ごめん。ごめんなさい。

    かをりの病室

    別の日、公生は一人でかをりのお見舞いに来ていた。

    公生は不安で不安たまらなかった。
    ささいなことでヒステリックになったり、突然泣き出したり、すごく優しくなったり、
    今のかをりの姿は母さんと重なる。

    かをり:あたしと心中しない?

    あたしと心中しない

    四月は君の嘘感想第32話

    スポンサードリンク

    凪の好きな人。それはお兄ちゃんの相座武士です。
    凪は小さい頃からお兄ちゃんが大好きでした。
    ピアノもお兄ちゃんがやっていたから、はじめました。

    凪にとってお兄ちゃんは誰にも負けないヒーローでした。
    でも公生に出会ってから、お兄ちゃんは変わってしまって…
    凪は自分のピアノでお兄ちゃんを元気にしたいと思っていました。

     

    あらすじのところでは書きませんでしたが、実はこの32話でかをりが助からないことを医者に告げられます。
    かをりがヒステリックになったのは、自分に残された時間が少ないからだったのですね。

    次の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第33話

    ひとつ前の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第31話

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ