四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第24話

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    四月は君の嘘ネタバレ第24話

    宮園かをりがガラコンサートに来なかったので、公生は一人で舞台にあがった。
    公生はかをりを批判した三池君が許せなかった。
    「宮園かをりはすごい」そのことを証明するかのように、公生は一人で演奏を始めた。

    みてろ
    みてろ
    みてろ

    僕は凄い
    宮園かをりはもっと凄い

    公生の演奏は指が回っているように、超速弾きで大迫力だった。
    しかし、それは怒りにまかせているだけの、聴衆にとっては耳障りな演奏だった。

    公生の怒り

    公生の集中力はピークに達し、また音が聴こえなくなる。
    でも音が聴こえなくなって、初めて気が付いた。

    (あれ?こんなに強く叩いてた?この曲ってこんな弾き方じゃないよな。)

    (僕の子守唄の曲は… 母さんが好きだったこの曲は… こう弾いたかな…)

    いつも通り耳は聴こえないはずなのに、公生の中に音があった。
    それは母さんとの思い出だった。

    この曲はもっと…もっと優しく…
    赤ん坊の頭をなでるように…
    抱きしめるように弾くのよ。

    有馬早希

    公生の演奏が変わる。
    感情に振り回されていた序盤とは違う。

    水彩絵の具のように…
    音がカラフルに染まる。

     

    紘子(ひろこ)さんは公生をピアニストにしたことを後悔していた。
    公生のお母さんは最初、公生をピアニストにする予定じゃなかった。

    公生をピアニストにしようと言ったのは、紘子さんだった。
    紘子さんがなんとなくピアノを弾いていたら、何も教えていないはずの公生が簡単にピアノを弾くことが出来たからだ。

    でも結果として、音楽は公生を苦しめた。
    苦しんでお母さんと幸せな母子関係も築くことが出来なかった。
    自分のせいで幸せな笑顔を奪ってしまったと後悔していた。

    紘子さん
    「でも音楽でキズついたなら、音楽で救われるべきだ。
    早希(さき)、ちゃんと見ててよ。
    私達の息子が最後のお別れをしに行くから」

    公生、お母さんとのお別れ

    四月は君の嘘感想第24話

    スポンサードリンク

    最初は怒りだけで弾き始めた公生でしたが、集中力がピークに達し音が聴こえなくなった時に、母さんとの記憶を思い出します。

    「クライスラー 愛の悲しみ」
    公生のお母さんが、子守唄代わりに公生に弾き聞かせた曲。
    公生にとってこの曲はどうしても、母さんを思い出させる曲でした。

    その記憶が少しづつよみがえり、そして公生の演奏がかわり始めます。
    公生の演奏はまだ途中で、次回の25話も演奏が続きます。

    そこで公生は母さんと出会い、そしてお別れをします。

    次の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第25話

    ひとつ前の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第23話

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ