四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第21話

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    四月は君の嘘ネタバレ第21話

    放課後、ガラ・コンサートに向けて、かをりと公生が演奏の練習をしている。
    かをりがペットボトルを公生の顔に投げつける。

    四月は君の嘘ネタバレ

    かをり
    「集中力散漫!!いやそうに弾いてた!!心ここにあらずな音!!」

    公生はかをりが選択した曲にまだ納得がいっていなかった。
    かをりが選択した曲はクライスラー「愛の悲しみ」

    かをり
    「君がそんなにいやがるのなんでかな。楽譜はあんなに愛にあふれていたのに」

    クライスラー「愛の悲しみ」はヴァイオリン曲。
    この曲の対になる曲で「愛の喜び」がある。
    「愛の悲しみ」は、公生のお母さんがよく子守唄に歌ってくれた曲だ。
    公生がこの曲を弾きたがらない理由。
    それはどうしたって、この曲が母さんを思い出してしまうからだった。

    紘子さんはピアノの練習していた公生を外へ連れだす。
    外では祭りが行われていて、屋台の出店が立ち並んでいた。
    紘子さんの子供の小春ちゃんが、ぴゅーっと走っていてわたあめやリンゴ飴を買いにいく。

    紘子さん
    「”愛の悲しみ” 早希は学生の頃からよく弾いてたわ」
    公生
    「子守唄代わりに毎晩聴いてました。この曲は母さんの匂いがしすぎるんです」

     

     

    「母さんは僕を憎んでるんじゃないでしょうか」

    小春ちゃんが戻ってきて、公生にリンゴ飴を渡す。

    四月は君の嘘ネタバレ1

    公生が深刻そうな顔をしていたため、小春ちゃんがビックリして紘子さんの後ろに隠れる。

    紘子さん
    「親への反抗は自我の確立。自立への兆しよ。音楽家は師から学ぶ過程で生まれた違和感を大切にすべきだわ。その違いこそ個性なんだもの。人は “君” を聴きに来るんだもの。子供を憎む親なんかいるもんですか。あの時、あんたが人間としてピアニストとして成長した瞬間よ。早希が喜ばないはずがないわ」

    「あの時」とは、公生がはじめて母さんに逆らった時。
    母さんに「お前なんか死んじゃえばいいのに」と言った時。
    お母さんが死ぬ前に最後に会話をした時。

    公生
    「母さんは僕を許してくれるでしょうか。必死で母さんを忘れようとした僕を。僕はピアノを弾いてもいいんでしょうか」
    紘子さん
    「だったら弾こうよ。迷いがあるならビシっとピアノ弾いて、早希の声を聴こうよ。きっとこう言うわ。「バカなことで悩んでないで、さっさと一人前になりなさい」って。弾こう、私達はピアニストだよ」

    紘子さんは小春とじゃれ合う公生をみて思った。
    (酷なこと言ってるかしら。でも弾かなきゃ。ピアニストとして成長するために。お別れするために)

    四月は君の嘘ネタバレ2

    四月は君の嘘感想第21話

    スポンサードリンク

    かをりがクライスラー「愛の悲しみ」を選択したのは、実は偶然ではありません。
    かをりが土稜橋から川に飛び込んだ時に、公生の家のピアノが置いてある部屋に行った事がありました。
    そこで、「愛の悲しみ」の楽譜を見かけたことがきっかけでした。
    かをりは公生が嫌がるであろうことを予想して「愛の悲しみ」を選んだのです。
    かをりはホント公生に色々と仕掛けてきますね(*^^*)

    「愛の悲しみ」はこんな曲です。

    次の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第22話

    ひとつ前の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第20話

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ