四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第20話

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    四月は君の嘘ネタバレ第20話

    「公生!!」
    紘子さんが公生の電話を何度鳴らしても出なかったので、心配して公生の家まで来ていた。
    ピアノがある部屋に行くと、公生は横になって眠っていた。

    公生は昨日のコンサートに負けて、徹夜でピアノの練習をしていたらしい。
    紘子さんは「しっかり男の子やってんじゃん」と思った。

    紘子さんは、音楽があんなにも公生を苦しめていたのに、どうしてまたピアノに向き合う気になったのかが気になっていた。

    紘子さん
    「何があんたをピアノに向かわせたの?」
    公生
    「四月のある日、変なヴァイオリニストに出会ったんです。傍若無人。唯我独尊。でも好きな人に見せる笑顔は天使のよう。蹴られ殴られ引きずり上げられた舞台には…慣れ親しんだ舞台には、僕の知らない光景があった。僕はもう一度、その光景を体験したい。だから僕は思ったんです。変なピアニストになりたいなって」

    四月は君の嘘ネタバレ感想1

    公生がピアノに向き合う覚悟を決めたので、紘子さんもちゃんと向き合う覚悟を決める。
    公生は紘子さんのピアノのレッスンを受けることになった。

    学校の屋上で公生がぼーっとしていると、宮園かをりがやってくる。
    藤和ホール事務局からガラコンサートへの招待状がとどいたらしい。
    ガラコンサートとは何かを記念して、もよおされる特別講演のことで、スポーツで言うところのエキシビションマッチのようなもの。

    そのコンクールにかをりと公生が招待された。

    放課後、伴奏の練習をする二人。
    かをりがガラコンサートで演奏するのに選んだ曲はクライスラー「愛の悲しみ」
    どちらかと地味な曲。
    普通、ガラコンサートはもっとメジャーで派手な曲を弾くが、
    公生が他の曲にしようと言っても、かをりは言うことを聞かなかった。

    練習が終わって、公生とかをりが二人で一緒に帰る。
    かをりが土稜橋のところで、いきなり走って草むらのほうへ行く。
    草むらにはあたり一面にホタルがいて、キラキラしていた。

    かをりが手をマイクにして公生に向けてくる。
    かをり
    「あーテスト、テスト、どうでしたか?久しぶりのコンサートは?」
    公生
    「僕ね、あの場で感じたんだ。みんな何かを心の奥底に持ってるんだって。ある人は敵愾心(てきがいしん)かもしれない。”届け”という想い。母さんへの想い。みんな個人的な想いに支えられていた。人は一人で舞台に立てないのかもしてない。」
    かをり
    「君は?君は心に何を持ってたの?何を支えにしたの?」
    公生
    「君がいたんだ」

    四月は君の嘘ネタバレ感想

    僕は旅をする。
    降り注ぐ拍手、
    自分の音楽が届いたあの瞬間を追い求めて、
    その後ろ姿を追い求めて
    いつかきっと肩を並べられるその日がくるまで

    「もう帰ろ」と言って、公生は気恥ずかしそうに、足早に帰る。
    かをりは公生の後ろ姿に言う。
    「ぼくがいつもそばにいて助けてあげられるとは限らないんだよ、チャーリー・ブラウン」

    四月は君の嘘感想第20話

    スポンサードリンク

    この20話から公生は紘子さんのレッスンを受けることになります。
    紘子さんにとっても、公生のピアノと向き合うのは覚悟がいることなのですよね。
    紘子さんが公生をピアニストにしようと言ったのがきっかけで、公生をピアノで苦しめる事になったからです。

    かをりが最後に言ったセリフ。

    「ぼくがいつもそばにいて助けてあげられるとは限らないんだよ、チャーリー・ブラウン」

    最初はこの言葉にどういう意味があるのは分かりませんでしたが、読み返してみると何のことだか分かりました。
    かをりはこの時から、もう長くは生きられないことを悟っていたんですね。

    次の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第21話

    ひとつ前の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第19話

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ