四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第16話

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    四月は君の嘘ネタバレ第16話

    舞台に上がる公生。
    ピアノの横に母親の面影を見つけ、立ち止まる。

    四月は君の嘘

    揺れるな。
    恐れるな。

    進め!

    進め!!

    進め

    バッハ平均律第1巻15番。
    公生の出入りは最高だった。
    一音ももらさず、刹那のズレもない。
    無敵の存在。孤高のピアニストが帰ってきた。

    正確無比。
    譜面を鏡に映したような演奏。
    顔の見えない誰も入れないステンレスのようなピアノ。
    2年前の有馬公生だ。

    音も聴こえる。
    指も動く。
    完璧に頭に入った譜面の通り弾けている。
    身体に染み付いた感覚のまま弾いている。
    でもこれでは、今までと同じだ。

    「本当の君はどう弾きたい?」

    四月は君の嘘1

    かをりの顔が頭をよぎる。

    今度は母さんの言葉が頭をよぎる。

    四月は君の嘘2

    「演奏家は譜面を移す一個の鏡であるべきだわ。それに、そうしなくては勝てない。またお母さんのために1位をとってくれるんでしょ、公生」

    幼いころ、公生は椿や渡に遊びに誘われても、断っていた。
    本当は遊びたかったけど、お母さんがレッスンで遊ぶことを許してくれなかった。
    公生の母親は体調が悪く入院してた。
    公生はお母さんを元気にするために、コンクールで次々と1位をとった。

    公生のお母さんが亡くなる直前、病室からコンクールを観にきたことがあった。
    客席から向かって左側の入り口。
    僕から見える場所。
    そこが母さんの特等席。
    今日はお母さんが来ている。

    この日の演奏は、いつもと違って音が弾んでいた。
    公生はお母さんが元気になってくれるように、喜んでくれるように、最高の演奏をプレゼントしたつもりだった。

    四月は君の嘘3

    「何よあの演奏は!譜面をさらえってあれほど言ってるでしょ!3小節目も11小節目もミスタッチして、感情に溺れているからミスるのよ」

    公生はお母さんに楽譜を投げつける。
    今まで我慢していたもの、抑えつけていたものが爆発してしまう。

    「僕は喜んで欲しかっただけなんだ。椿や渡と遊びたくても叩かれてもガマンして、ガマンして練習したのに…僕はお母さんに元気になって欲しかっただけなのに…それなのに…」

    四月は君の嘘4

    それが母さんと言葉を交わした最後だった。
    その後、容体が急変してあっけなく息を引き取った。

    ステージから客席に向かって左側の入り口。
    僕から見える場所。
    そこがお母さんの特等席。

     

     

    これは罰なんだ

     

     

    その瞬間、公生の演奏が乱れ始める。
    それまで極めて厳密に引けてきた演奏が乱れる。

    ピアノの音が聴こえない。

    四月は君の嘘5

    四月は君の嘘感想第16話

    スポンサードリンク

    極めて順調に弾けていた公生。楽譜通り。譜面通り。
    でもそれだけでは2年前と同じ。
    今回はそうではなく、かをりにふれて、かをりの演奏に触発されて、自分らしく弾くことをずっと練習してきました。
    そして、自分らしく弾こうとしたところで、お母さんの呪縛に苦しみます。

    自分がお母さんの言ったとおりに弾かなかったから、お母さんを怒らせて体調を悪くさせてしまった。
    自分がお母さんにひどいことを言ったせいで、母さんを死なせてしまった。
    これは母さんを死なせてしまった罰。
    その瞬間、公生の音が消えてしまいます。

    でも…幼いころの公生は、お母さんたった一人に喜んで欲しかっただけなんですよね。
    この第16話のタイトルは「ねぇ、ママきいてよ」
    とっても悲しいタイトルのような気がしてきました。

    次の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第17話

    ひとつ前の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第15話

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ