四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第12話

  • ◎最終回のかをりの手紙全文はコチラから
     四月は君の嘘 手紙全文

    ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    四月は君の嘘ネタバレ第12話

    井川絵見、相座武士。
    彼らは幼いころの公生のライバル。
    コンクールで1位~3位はいつもこの3人だった。
    1位はいつも公生だった。
    井川と武士は公生に強いライバル意識を持っていた。
    「いつかあんたをぶっ倒してやる」
    いつもそう思って練習をしていた。

    久しぶりに再会する3人。
    武士
    「久しぶり…だな、有馬」
    公生
    「えっと…

     

    どちら様でしたっけ?」
    公生は井川と相座のことをすっかり忘れていた。
    というよりも、もともと二人のことを知らなかった。
    譜面通り弾く公生に相座や井川の姿は見えていなかった。

    渡がトイレへ行くと公生の悪いウワサを聞く。
    譜面通り、作曲者の指示通り忠実に弾くだけで、優勝を奪って評価をあげてしまう。
    特に音楽に何かを求める若い世代は、それを快く思わない。
    もちろんその中には妬みもあるのだが…
    公生は母親が入院してた時、コンクールにたくさん出て、荒らしまわっていたことがあった。
    デジタル時計のようにコンマ1の誤差もなく、余韻もない。
    ヒューマンメトロノーム。
    母親の操り人形。
    コンクール仕様。
    譜面のしもべ。
    “有馬公生”という名前はいつの日か”悪名”になっていた。

    いよいよコンクールが始まる。
    相座武士の出番は4番目。
    武士がはじめて公生に会ったのは小学校3年生の時。
    コンクールに出る度に「次こそは次こそは」って手を伸ばして捕まえたと思ったら、蜃気楼(しんきろう)のように遠くにいる。

    四月は君の嘘

    それなのにある日、コンクールから公生はいなくなってしまった。
    それが今日、やっといるべき場所に帰ってきた。
    2年間、この日を待っていた。

    武士が舞台に上がると会場の空気が変わる。
    武士は去年のチャンピオン。
    選択課題曲は2曲。
    バッハ平均律第1巻13番
    ショパンエチュードOp.10-4

    武士は毎報コンクールが始まる前、ドイツのコンクールに招待されていた。
    ドイツのコンクールにでれば海外に顔を売ることができる。
    毎報コンクールは去年優勝しているので、ドイツのコンクールより優先させる理由なんて何もない。
    でも武士は毎報コンクールにでることを選んだ。
    毎報コンクールには有馬公生がでるかもしれない。
    武士の目標は海外でもショパンコンクールでもない。有馬公生だった。

    武士の演奏がはじまる。
    同じピアノとは思えないくらい他の人と演奏が違う。
    バッハにも感じた誠実に音楽と向き合う姿勢。恐れに立ち向かう強靭な意志。
    根底にそびえる揺るがない幹。
    これが相座武士のショパン。

    四月は君の嘘1

    見てるか?聴いてるか?有馬!
    お前のいない2年間。頑張ってこれたのは、いつか帰ってくると信じてたからだ。
    俺はお前に追いついたか?それとも遠ざかったか?
    また蜃気楼(しんきろう)のように追いかけさせてくれるのか?

    俺の憧れでいてくれるのか?
    答えてくれ!見つけさせてくれ!さあ…
    次はお前の番だ!有馬公生!

    四月は君の嘘2

    四月は君の嘘感想第12話

    スポンサードリンク

    久しぶりに再会したライバル達。有馬公生、井川絵見。相座武士。
    でも公生は2人のことを覚えていない、というよりも元から知らない。
    ライバルだと思っていたのは井川さんと武士だけで、公生の眼中にはなかったのですね。
    公生はあっさりと
    「どちら様でしたっけ?」という始末です(*^^*)
    マンガの中で武士も井川さんもむちゃくちゃキレてましたよ。笑
    武士なんてゴジラみたいに口から火を吹いていました。笑

    武士が弾いたショパンは以下の動画から聴くことが出来ます。
    演奏している人の指がめちゃくちゃ早くてびっくりします。
    最初、動画を1.5倍速にしているのかと疑うほどでした。
    武士の演奏もこんな感じだったのでしょうか…?

    四月は君の嘘 単行本3巻 相座武士演奏曲 ショパン エチュード10-4

     

    次回はもう一人のライバル井川絵見の演奏です。
    武士は有馬公生を目標としてずっと頑張ってきました。
    井川さんはどういう思いで、公生を見ていたのでしょうか。
    次回に続きます。

    次の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第13話

    ひとつ前の記事はコチラ
    四月は君の嘘ネタバレあらすじ感想第11話

    スポンサードリンク

  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ